ギャンブル業界の企業が負っている社会的責任について

CSRとは何か?

近年では、各企業は市場のビジネス条件に合わせたビジネス戦略を調整するよう、期待されています。ここ数年、世界中で成功を遂げている企業の特徴となっているトレンドの一つが、企業の社会的責任(CSR)です。文献にはまだ現れていますが、企業の社会的責任とは、社会において企業が適切かつ能動的な役割に対する関心と期待が増加し、それに応えて出現したビジネス上の概念です。特に大企業ともなると、社会全体として生活の質と社会の開発、そして社会的・倫理的な価値に対して影響力があるのです。

ギャンブル業界の企業の社会的責任

ギャンブル業界は、マイナスな特性やネガティブな影響と大いに関係しており、簡単に取り除けない偏見が露わになっていることは、公然の事実です。「ギャンブル」と聞くと、多くの人々は、中毒、いさかい、金銭問題、家族崩壊、マネーロンダリングなどをイメージします。一方、ギャンブル業界には、多数の従業員、経済的利益、公共予算、観光地プロモーションなどが含まれます。このように、ギャンブル業界はプラスとマイナスの両方のイメージを持っているからこそ、各企業が社会的責任のコンセプトを実行するのは必須といえるでしょう。

ギャンブル業界のCSR指標

ギャンブル業界は、国家経済の特定部門であり、それゆえ、ギャンブル業界で適用される適切なCSR指標の選択が重要です。最も重要なポイントは、政府、ギャンブル提供業者、ギャンブラーに三者すべてを満足させる責任あるギャンブルを適用することです。

社会的責任の観点からは、カジノオーナー、ギャンブル提供業者、ギャンブル業界関係者すべては、ギャンブルに関する教育プログラムに従業員を積極的に巻き込んでいくべきです。とりわけ、ギャンブル提供業者の従業員は、ギャンブラーの潜在的問題の認識法を学び、確実にプレイヤーの助けとなる方法を知るべきでしょう。

ギャンブル提供業者のCSR指標

経済分野

  • 企業統治原理 
  • ステークホルダーとの関係(特にクライアント、従業員、政府、機関、サプライヤー、競業相手、大衆など)
  • 企業の透明性 
  • 製品・サービスの品質と安全

社会的責任

  • スタッフのトレーニングと有資格化
  • 事業拡大
  • 報酬ポリシー
  • 労働条件
  • 職場での機会均等
  • 従業員エンゲージメント

環境分野

  • リサイクリング
  • 資源節約
  • 環境テクノロジーへの投資

倫理分野

  • 腐敗の排除
  • 行動規範
  • 知的財産保護

慈善分野

  • 寄付活動
  • 非営利組織との協同

まとめ

ギャンブル業界からネガティブな偏見を除去するには、それぞれのギャンブラーがギャンブルに対して健全なアプローチを持つことが必要です。プレイは個人の選択で、プレイをいつ止めるかはその人次第ですが、受け入れられる最大の損失を事前に設定し、それを守るのが賢明です。ゲームのために借金なんかせず、お金を稼ぐ方法ではなく単なる娯楽として、ギャンブルを認識すべきなのです。そうして始めて、ギャンブルは社会にとってマイナスの影響の源にはならないのです。